足ダイエット☆足から痩せる!きれいに細くするサイト

太もものスキマを作る方法

モデルさんみたいな太もものスキマ憧れますよね。
私が足ダイエットを始めたきっかけも、
太ももを細くしたいという願望からなんです。
でも太ももってなかなかダイエットに成功しないんですよね。
知ってましたか?

 

 

 

でもなぜか分からなくて、その理由を調べてみました。
すると意外な事実が、、
下半身太りの原因は、歩き方・立ち方・座り方といった
日常習慣や姿勢の悪さが関係していました。
そうした習慣を続けることで筋肉の衰えや骨盤のゆがみに繋がり、
太りやすい脚の形を作っています。

 

 

 

それを知った時、ショックを受けた記憶があります(゚ロ゚;)エェッ!
逆に言えば、その癖を見直せば改善出来る(可能性がある)
と分かったので、早速試してみることにしました。

 

 

 

1:座った時に膝をくっつけて座る
私は仕事柄座って過ごすことが大半なのですが、
自然と足を組んでいることに気付きました。
また股を広げて座っている女性も通勤電車内で良く見るので、
普段からそういう姿勢の場合は注意が必要です。

 

 

また、その場合太ももの内側の内転筋が使われなくなるため、
筋力が低下していき脂肪がつきやすくなってしまいます
そのため、椅子に座る時は浅めに腰掛けて、
両ひざ膝をくっつけることを意識しましょう。

 

 

 

2:長時間同じ姿勢で過ごす
デスクワークの方特有ですが、長時間同じ姿勢のまま過ごすと、
下半身の血行やリンパの流れが悪くなり、むくみの原因となります。
そのまま放置するとセルライトの原因になりますので、
定期的に運動して太もものリンパの流れを良くしましょう。

 

 

通常、同じ姿勢を保つ筋肉は30分しか持ちません。
そのため、知らないうちに悪い姿勢になっている可能性がありますので、
意識して運動を取り入れるようにした方が良いでしょう。

 

 

 

3:合わない靴を履いている
少しの遊びは必要ですが、あまりに緩い又はきつい靴の場合
足の筋肉の使い方に大きな影響が出ます。
とりわけ足の裏の筋肉を使わないとリンパの流れや血行を悪くし、
足がむくむ原因となります。

 

 

またヒールの高い靴を履いている場合も要注意です。
ヒールの高い靴は、つま先に圧力がかかるため、
つま先が圧迫されリンパの流れと血行を阻害します。
そのため、普段からヒールの高い靴を履いている方は、
時々は意識してヒールが低い靴(パンプス等)を履くようにしましょう。

 

 

 

4:水分の摂り過ぎ
食事中に水をたくさん飲む人は太りやすいと言われています。
その原因は、血糖値の上がり方が関係しています。
急激に血糖値が上がるとそれを下げようとインスリンが生成され、
脂を作り始めます。
そして、基準値を超えた血糖はインスリンによって、
脂に変えられてしまいます

 

 

ただ逆に空腹時に水を飲むと新陳代謝が高まり、
カロリーを消費させることが出来ます。
そのため、食事中は極力控えて、空腹時に多めに摂取することを
習慣づけるとダイエットにも効果的です。

 

 

 

⇒ 足ダイエットに効果的な有酸素運動のページに進む

 

⇒ 足 ダイエットのTOPページに戻る