足ダイエットを生活習慣で見直そう

足ダイエットを生活習慣で見直そう

足が太いため悩んでいる女性は少なくありません。
日本人女性は洋ナシ体型が多いと言われています。
洋ナシ型とは、いわゆる下半身デブであり、
ダイエットをしても「下半身だけがなかな痩せない」
と嘆いている人も多くいるのではないでしょうか。

 

 

 

私の友人に中・高と運動部に所属していましたが、
大学からはずっと運動していない人がいます。
大学ではサークル活動を行っていましたが、
どちらかと言えば文系な活動でした。
すると、今まで筋肉だった部分が脂肪に変わってしまい
太ももとふくらはぎが太くなったと嘆いていました。

 

 

 

部活をしていた時は、周囲も練習をしていたので、
他人と比べて気にならないと言えば嘘になりますが、
自分が太いという認識は薄かったようです。
ただ、運動を止めた後、おしゃれに目覚めると
とても気になりだしたそうです。
筋肉だった時と比べて見た目にプルンとしてしまったので、
余計に太く見えるのが悩みだと言っていました。

 

 

 

そのため、毎日少しずつですが、
ストレッチと筋トレを始めたそうです。
高校生の頃と違って、社会人になってからは
あまり時間が取れなかったので、最初はすぐに筋肉痛になった
と言っていました。
でも、1カ月続けていくうちに慣れてきて、
3ヶ月くらいすると以前より脂肪が落ちて、
足が細く絞まって見えるようになりました。

 

 

 

 

私も同じ悩み(ふとももが太い)悩みがあるので、
彼女の苦悩はよくわかりました。
ただ、私は彼女と違って高校の時もほとんど運動をしていなかったので、
私の場合は、純粋にすべて脂肪だったと思います(笑)
しかし、すべての女性がそんな体型でもなく、
すらっとしたキレイな細い足を持つ人も多くいます。
街中で脚のきれいな女性を見かけると「負けた・・・」
と勝手に落ち込む私がいました(笑)
この違いは一体何が原因なのでしょうか?
下半身が太い人は冷え症であったり、
普段ほとんど動かないため、運動不足である事が
多いのではないでしょうか。

 

 

 

足がむくんでパンパンという人も少なくないでしょう。
これらに思い当たる人は新陳代謝が悪くなっていると
思われます。
日頃の生活習慣を見直してみてもよいかもしれません。

 

下半身デブであり、ダイエットをしても下半身が痩せない
普段から座っている仕事をしていたり、
休日もあまり動かず家でゴロゴロしているなど、
普段から運動の習慣がない人は筋肉が少なく、
新陳代謝が落ちています。
毎日ウォーキングするなど適度な運動が必要ですが、
なかなか運動する時間が取れないという人も
少なくないでしょう。

 

 

 

ウォーキングだと毎日1時間程の時間が必要ですから、
ウォーキングは休日のみにして、
平日は5分程度で終わるスクワットにするなど、
運動法を工夫してみましょう。
早寝早起きを心がけて、健康的な生活を送るように
努力する事をおススメします。
適度な運動を取り入れることで冷え性の改善にも役立つでしょう。

 

 

 

そして、お風呂はシャワーで済ますのではなく、
ゆっくり湯船に浸かる事が大切です。
例え夏場の暑い時期でも湯船に浸かる事は、
代謝を高める為に必要な事です。
また血行を悪くするため、もしも喫煙している場合は、
なるべく控えるようにしましょう。
本当なら喫煙しない方が身体に何かと良いのですが、
喫煙が習慣化している人は、いきなり「0」にするのは難しいと思いますので、
少しずつ減らすように心掛けた方がよいでしょう。

 

 

 

⇒ 足ダイエットによるリバウンドとはのページに進む

 

⇒ 足 ダイエットのTOPページに戻る