足ダイエットと同時に行いたい部分について

足ダイエットと同時に行いたい部分について

足ダイエットの方法で最もポピュラーなのが、
リンパマッサージではないでしょうか。
重力の関係で、どうしても老廃物は足に溜まってしまいます。
そして、その老廃物をしっかり流すリンパマッサージは
太ももやふくらはぎなどの脚だけではなく、
全身に行う事で体中をスッキリさせる効果があります。
どうせなら、全身のリンパマッサージをおすすめします。

 

 

 

また、足ダイエットで行う運動は
主に下半身を鍛えるものですから、
同時にお尻やお腹もダイエットしてはいかがでしょうか。
例えばウォーキングは下半身の強化に効果的ですが、
正しい歩き方をマスターする事で足やお尻、お腹の筋肉を
しっかり使い引き締めに効果的です。
正しい歩き方をマスターする
ウォーキングは歩くとはいってもスピードが肝心です。
ただダラダラ歩いていても意味はありませんから、
息切れしないくらいのある程度のスピードで歩きましょう。
人それぞれ違うので一概には言えませんが、
ウォーキングは、最初の30分間は体内にある通常のエネルギーを
使用するといわれています。

 

 

 

 

そして、歩く時の姿勢も大切です。
しっかりと背筋を伸ばし、やや広めの歩幅でウォーキングをすれば、
30分ほどで、体内の通常のエネルギーを使い切ります。
そして、その後は体内脂肪を燃焼して得られたエネルギーを
使用する事になります。
つまり、正しいフォームで30分ウォーキングをした後に、
脂肪燃焼タイムに突入します。
そのため、ウォーキングをするなら正しいフォームで、
歩幅はなるべく大きくして、最低30分以上することです。
できれば1時間くらいのウォーキングが理想です。

 

 

 

歩くときは1本の線上を歩くようにすると歩幅が広がり、
腰もひねるように歩く事ができるので
ウエスト周りに効果的と言えるでしょう。
毎日歩く事が理想ですが、1日おきや週に2、3日程度。
または、休日のみにしても良いでしょう。

 

 

 

纏まった時間を取るのが難しいと言う方は、
毎日ちょっと意識して歩くようにすると良いでしょう。
エレベーターではなく階段を、バスや電車は一駅手前で降りて歩く、
買い物はいつもよりも遠回りして帰ってくる等。
また、階段を登る時は一段飛ばして、
降りる時は太ももの後ろに力を入れながらゆっくり爪先立って降りるなど、
少し気をつけるだけで運動になります。

 

 

 

普段からあまり体を動かさない運動不足の人は、
いきなり1時間のウォーキングをするより、
日常の中で体を動かすようにするといいのかもしれません。
まずは体を動かす事に慣らしていくと良いでしょう。

 

 

 

⇒ 年齢や体系によって足のダイエット法は変わる?のページに進む

 

⇒ 足 ダイエットのTOPページに戻る